外資系マネージャーの独り言

日本で外資系企業のソフトウェアエンジニアマネージャーをやってる人のブログです

Pay as you perform and grow (誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいエンジニアの給与について教えましょう・続き)

前に書いたエントリーの続き。パフォーマンスと給与の話。

sdm.hatenablog.com

続きを読む

747ジャンボをつくった男

ボーイングでエンジニアとして活躍し、747プロジェクトのリーダーを務めたジョー・サッターの自伝的な本。翻訳者の解説にある通り、男の子の純粋な「夢」をそのまま生きたような人だなと思う。

747 ジャンボをつくった男

747 ジャンボをつくった男

 
続きを読む

次の一歩

もうかれこれ5年近く同じ会社&同じチームで働いたことになる。

日本で唯一のエンジニアとしてチームに入り、いくつかプロジェクトを立ち上げて、部下を持つようになり、チームのマネージャーになってUSの本社サイドのメンバーのマネージメントもするようになって…という意味で、大きな成長の機会を与えられた実りの多い数年間だったと思う。

f:id:jpsdm:20180315050752j:plain

続きを読む

稼ぐに追いつく貧乏なし

20代は主にソフトウェアエンジニアとして日本企業で働いていましたが、縁あって今の企業(外資系のテックカンパニー)に移り、ソフトウェア開発チームを引っ張る立場のマネージャーになる機会を与えられたので、今は日本国内と米国の本社にいるチームメンバーのエンジニア達をまとめて、マネージャー業務をしています(まだコードレビューとかには参加してますが)。

f:id:jpsdm:20180131154025j:plain

続きを読む

ほにゃららサイエンティストという職種

テックカンパニー界隈でここ数年で大きく存在感を増しているポジションとして、「ほにゃららサイエンティスト」というのがあります。

f:id:jpsdm:20180128152803j:plain

続きを読む