読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資系マネージャーの独り言

日本で外資系企業のソフトウェアエンジニアマネージャーをやってる人のブログです

エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 - 竜 盛博

ソフトウェアエンジニア 海外生活 書評

アメリカのIT業界でソフトウェアエンジニアとして10年以上キャリアを積んできた(帰国子女ではない日本育ちの)著者が、国内でのキャリアの後にアメリカのIT企業で働くという選択をしてから遭遇した様々な経験をもとに、企業文化や国民性の違いを乗り越えてアメリカでソフトウェアエンジニアとして働くとどうなるのか…そしてどうやったらうまくやっていけるのか…ということをコンパクトにまとめた本。

Kindle版でサンプルを読み始めたら期待できそうだったので購入…で、期待通りの内容。日本に住みながらもアメリカ企業の文化にどっぷり浸かってアメリカ人(&あっちこっちの国の人々)とソフトウェア開発の仕事をしている自分としても、「ああそうだよね」とうなづくところが多く、アメリカに移り住むことも含めて今後のキャリアアップ等を考える上でとても参考になった。

就職活動から社内での効果的な立ち回り方、転職活動、キャリアアップ、コーディングテストの実践的な突破方法や、子供の言語教育などなど、極めて現実的かつ実践的な内容に終始していて、非扇動的なガイドブックといった雰囲気。日本ではIT土方なんて酷い表現もあるけど、アメリカではソフトウェアエンジニアが厚遇されている現状があり、かつプロフェッショナルとして要求される言語の壁についても他の職業に比べると一番くらい低い職業であるという点は著者の意見には大いに同感。

アメリカの企業文化やドライな人間関係、パフォーマンス評価のやり方やレジュメの書き方、それに給与交渉などについてのノウハウなどなど…ソフトウェアエンジニアに限らず、外資系企業で働いている日本人や、外資系企業で働こうとしている日本人にとっても幅広く役に立つ情報が詰まっていると思う。

ボリューム感からするとちょっと高いなと思ってしまう本だけど、内容の濃さや鮮度という意味では間違いないものだと思うので、アメリカを目指すにせよドメスティックに生きるにせよ、ソフトウェアエンジニアとしてのキャリアを考える上で読んでみると参考になると思います。